台湾 2019年の春節(旧正月)はいつ?

春節(旧正月)

1月~2月の台湾旅行で気を付けなければならないのが、毎年変わる春節の期間。春節とは旧暦の正月で、中華圏で最も重要な祝日のため、多くのお店がお休みになります。

2019年の旧正月(元旦)は2月5日(火)。2019年は土日休みがうまく重なり2月2日(土)から10日(日)までの9連休が春節の休日となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾の春節カレンダー(2019年、民国108年)

2019年春節カレンダー
(出処 台湾行政院)

2019年の春節は2月2日(土)から10日(日)の9連休。
2018年は2月15日~20日の6連休でしたので、通常よりも長めの春節休みとなります。

春節の時期の旅行は避けた方が無難

春節(旧正月)の時期は、日本の年末年始同様、帰省ラッシュで交通機関は大混雑。タクシー料金にも割増料金(台北市内で20元)が適用されます。

また、定休日がないお店でも旧正月はお休みになることが多いので、要注意です。

※大半の飲食店や夜市が大晦日(2月4日)から休業となりますが、デパートやホテルのレストラン、フードコートは営業しているところが多いです。また、コンビニやスーパーも営業しています。

台湾旅行の魅力であるグルメや観光を十分に楽しむことは難しいため、中華圏のお正月の雰囲気を体感してみたい方以外は旅行の時期をずらした方が良いかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村