梁記嘉義鶏肉飯 ランチにお勧めの人気店

梁記嘉義鶏肉飯3

台湾ご当地グルメ代表格の魯肉飯(ルーローファン)と鶏肉飯(ジーローファン)。その両方を一度に味わうことができるのが梁記嘉義鶏肉飯。

大衆食堂のような店内は、カフェテリア方式でおかず(小菜)の種類も豊富。いつも混み合っていますが、店員さんも親切なので観光客でも気軽に利用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梁記嘉義鶏肉飯

梁記嘉義鶏肉飯1

MRT松江南京駅から徒歩数分、オフィス街と住宅が混在するエリアにある梁記。40年近く営業している人気店で、ランチタイムは周辺で働く人達で混雑しています。

外帯(テイクアウト)のお客さんも多く、回転も速いので、行列ができていてもそれ程待ちません。

梁記嘉義鶏肉飯2

写真右側のカウンターでおかず(小菜)を選び、反対側のカウンターで鶏肉飯または魯肉飯を注文。今回、筆者は両方注文しました。

席に着くと店員さんがスープのオーダーを聞きにきて、注文完了。会計は先払い制です。

梁記嘉義鶏肉飯3

看板メニューの雞肉飯(40元)。
あっさり風味の鶏肉に鶏の脂をベースにしたタレがかかっており、ご飯との相性抜群。ほぐし身もパサパサしておらず絶妙なしっとり具合で、鶏の旨味を楽しめます。あっという間に完食。

梁記嘉義鶏肉飯4

オーソドックスな味付の魯肉飯(35元)。
八角控えめでクセもないので、日本人好みかと思います。個人的には金峰魯肉飯と並んで、お勧めの魯肉飯です。

梁記嘉義鶏肉飯5

小菜で選んだブロッコリーの炒めもの(50元)。
程良くニンニク風味で美味しかったです。

梁記嘉義鶏肉飯6

苦瓜排骨湯(50元)。
スープの種類も豊富な梁記。苦瓜のスープはあっさりと優しい味でした。

梁記嘉義鶏肉飯7

5年前に初めて行った際は、少々不便な立地でしたが、MRT松江南京駅ができてアクセスも良くなりました。お昼時はかなり混雑しているので、ちょっと時間をずらして行くのが良いかと思います。

梁記嘉義鶏肉飯
住所:台北市中山区松江路90巷19号
営業時間:10:00~20:00
休業日:日曜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村