Mr.Lin’s 台北で人気のサンドイッチとフレンチトースト

Mr.Lins ミスターリンズ

旅行ブログのクチコミで以前から気になっていたMr.Lin’s(ミスターリンズ)。わざわざ台湾でサンドイッチ(三明治)やフレンチトースト(法式土司)を食べなくてもと思っていましたが、農安街に行ったついでに寄ってみました。

朝食の定番として地元客から30年近く支持されているサンドイッチは、想像を大きく超える美味しさ。これまで足を運んでいなかったことを後悔し、翌日もリピートしてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mr.Lin’s sandwich 林先生的三明治

Mr.Lins店内

お店はMRT中山國小駅または民權西路駅から徒歩5分程度。農安街の通りに面した集合住宅の1Fにあり、開放的で観光客でも入りやすい雰囲気です。

10席ほどの小さなお店ですが、テイクアウト(外帯)の常連客がひっきりなしに来店し、奥の厨房では次々にトーストや豬排(ポークハンバーグ)を焼き上げていました。

Mr.Linsメニュー

入口に掲げられたメニュー。具材はポークステーキ(ハンバーグ)、ハム、ツナ、 肉鬆(豚肉のでんぶ)、チーズから選ぶことができます。

絶品のフレンチトースト&サンドウィッチ

Mr.Lins朝食

パンと具材の組合せが豊富で迷いましたが、看板メニューの豬排三明治(60元)と法式豬排(70元)を食べ比べてみることに。テキパキと親切な対応の店員さんのおすすめでチーズ(10元)をトッピングしました。

Mr.Lins法式土司

表面を軽く焼いたフレンチトーストは、ぷるぷると絶妙な食感。ポークステーキの塩味と甘めのソース(蜂蜜?)の相性も抜群です。

Mr.Lin’sは元々雙城美食街で屋台として営業していましたが、屋台でフレンチトーストのサンドイッチとは斬新な発想で驚きます。

Mr.Lins三明治

サンドイッチは軽く焼き目をつけたトーストの2層構造。上段にはシャキシャキとしたレタスとポーク、チーズ、下段には目玉焼きが入っていて見た目以上にボリュームがあります。

同じ豬排でも法式土司と三明治では印象が違いますが、どちらも甘めのソースとポークの塩味がマッチしており、クセになる美味しさ。次回はツナやハムをフレンチトーストとサンドイッチで食べ比べてみたいです。

Mr.Lin’s sandwich
台北市中山區農安街8-2號
営業時間:6:00~15:00
定休日:火曜日、月曜日(隔週)
おすすめ度(10点満点):9点

※売切れ次第閉店してしまいますので、営業時間や休業日をFacebookで確認してから来店することをお勧めします。
Mr.Lin’s三明治(Facebook)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村