冰讃(ピンザン) 定番のマンゴーかき氷

冰讃(ピンザン)

マンゴーが美味しい4月~10月にのみ期間限定で営業している冰讃(ピンザン)。MRT雙連駅から徒歩数分という立地の良さもあり、日本人観光客に一番人気のお店です。

毎年4月中旬から営業をスタートすることが多いですが(マンゴーの入荷状況により前後します)、早めのGW台湾旅行で早速マンゴーかき氷を食べてきました。

【追記】
2017年は4月22日より営業を開始しました。オープン当初は在庫がなくなり次第閉店することもありますので、早めの時間に行かれることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾(台北)グルメ定番のマンゴーかき氷

冰讃8

フルーツやトッピングが並ぶカウンターで注文。日本人客も多いので、店員さんは片言の日本語が通じます。

pinzan1

一番人気の芒果雪花冰(150元)。
ミルク味のかき氷と甘みたっぷりのマンゴーの相性は抜群です。どっさりとマンゴーがのっていて、かなりのボリュームですが、余裕で完食。

冰讃9

雪花冰はフワフワ&サクサクの独特な食感。

pinzan2

芒果牛奶冰(130元)。
こちらは普通のかき氷に練乳がたっぷりかかっています。個人的には雪花冰のやわらかい食感のほうが好みです。

冰讃(ピンザン)11

雙拼水果雪花冰(160元)。
こちらはマンゴーとスイカのミックス。暑い時期にはぴったりの一品です。

ピンザンのメニュー(2017年)

冰讃2017価格

マンゴーかき氷以外のメニューも充実。2017年も数十元値上げしましたが、まだまだ庶民派価格です。(価格表は2017年現在のものです。)

pinzan3

店頭に積まれている台湾産のフレッシュマンゴー。時期によって国内の産地を変えているそうです。

スイーツというと女性のイメージですが、冰讃は男性客でも入りやすい雰囲気。観光客はもちろん、地元の男子学生で賑わっていました。

冬期(11月~3月)は休業

冰讃6

冬期(11月~3月)は休業し、火鍋屋が間借りして営業。フレッシュマンゴーが味わえる時期以外は店を閉めてしまうとは、お店のこだわりを感じます。

冰讃(ピンザン)
台北市雙連街2号
営業時間:11:00~22:30

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村