台北松山空港でプリペイドSIMカード購入

songshan3

2015年GWの台湾旅行ではモバイルwi-fiルーターを持参した管理人。台北松山空港到着後、早速プリペイドSIMカードを購入しました。

松山機場でSIMカードを販売しているのは中華電信1社のみ。到着ロビーを出て左側のD出口の横にカウンターがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中華電信(台北松山空港)

songshan1
カウンターには10名ほど並んでおり、整理券をもらって10分程度の待ち時間。パスポートを提示して料金プランを伝えればすぐに購入できます。(支払いは現金のみ。日本語が通じる係員はいませんでした。)

songshan2
3Gデータ通信(容量無制限)の料金表。

筆者は3日間で250元のSIMカードを購入。100元の通話料込みでした。

songshan4
SIMロック解除済みのdocomo L-02FにプリペイドSIMを挿入し、APNを「INTERNET」と設定して完了。

データ通信速度はあまり速くないですが、無料wi-fiサービスのTPE-Freeを使って市内観光をしていた頃に比べると格段に便利です。

中華電信 LTE対応のSIMカード販売開始(追記)

中華電信4G(LTE)SIM
2015年のGWに利用した際は3Gデータ通信のみの取り扱いでしたが、2016年1月現在、4G(LTE)対応のSIMカードを販売しています。

料金は3日間プランが通信無制限、100元の通話付きで300元。5日間プランは通信無制限で50元の通話付きが300元、300元の通話付きが500元。桃園国際空港で販売してるSIMカードと同じ価格体系です。

台北・桃園国際空港でプリペイドSIMカード購入
10月の台湾旅行では桃園国際空港を利用した筆者。空港では大手3社(中華電信、遠傳電信、台湾大哥大)のプリペイドSIMカードを購入することがで...

SIMカード購入後はそのまま市内観光へ

songshan5
国際線到着ロビー左側のSubwayの裏にあるコインロッカーに荷物を預けて、ホテルチェックイン前の市内観光へ。
※3時間制のコインロッカーは国内線ターミナルの一番奥(ファミリーマートの近く)にも設置されています。

松山空港から徒歩で小上海蘇杭點心店微熱山丘を巡ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村