台北・桃園国際空港でプリペイドSIMカード購入

taoyuan-sim2

10月の台湾旅行では桃園国際空港を利用した筆者。空港では大手3社(中華電信、遠傳電信、台湾大哥大)のプリペイドSIMカードを購入することができます。

第1ターミナルでは制限エリア内(入国審査の前)にも販売カウンターがあるほか、到着ロビーのカウンターは夜間も営業。3社とも4G LTEのSIMカードを取り扱っています。

※第2ターミナルの販売カウンターの情報も追記しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桃園空港第1ターミナル SIMカード販売カウンター

taoyuan-sim1

往路で利用したScootは第1ターミナル発着。2013年に改装されたばかりのターミナルはかなり綺麗で驚きました。

SIMカードの販売カウンター(電信服務)は到着出口を出て右側にあります。

中華電信SIMカード(4G LTE)

taoyuan-sim3

モバイルWi-Fiルーター(docomo L-02F)を利用している筆者は、APNを再設定するのが面倒なので、いつも最大手の中華電信を選択しています。

3日間300元のAプランは4G LTEの通信無制限、100元の通話付き。5日間のプランは通信無制限で50元の通話付きが300元、300元の通話付きが500元とリーズナブルな価格設定です。

若干異なる3社の料金プラン

taoyuan-sim5

3社横並びのように見える料金プランですが、料金や無料通話分が若干異なります。
遠傳電信の5日間/7日間プランは、同内容の中華電信のものより50元安いです。

taoyuan-sim4

台湾大哥大も無料通話分が若干違います。

中華電信 最新の料金プラン(2017年)

中華電信 料金プラン(2017年)

中華電信の2017年5月現在の料金プランは上記の通りです。

桃園空港第2ターミナル SIMカード販売カウンター

桃園空港第2ターミナル SIMカード

ANAやJAL、チャイナエアライン、エバー航空は第2ターミナル発着。SIMカード販売カウンターは、到着出口を出て左にまっすぐ進んだ突き当たり(ターミナルビルの端)にあります。

第1ターミナル同様、大手3社(中華電信、遠傳電信、台湾大哥大)のプリペイドSIMカードを購入可能です。

台北松山空港でプリペイドSIMカード購入
2015年GWの台湾旅行ではモバイルwi-fiルーターを持参した管理人。台北松山空港到着後、早速プリペイドSIMカードを購入しました。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村