台湾の入国審査で優先レーンを使える常客証を申請

常客証1

直近12ヶ月以内に3回以上台湾を訪れた旅行者が申請できる「常客証」。申請しておけば、桃園・松山・高雄空港他のイミグレーション(入国・出国審査)で優先レーン(快速査驗通關)を利用でき、長蛇の列を回避することができます。

常客証は移民署のホームページから簡単にオンライン申請が可能。パスポートの情報のほか、直近3回(1年以内)の台湾入国履歴を入力する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

常客証の申請方法

常客証(Speedy Immigration Inspection Certificate)は内政部移民署のHP(英語)から申請。一番下の「Yes, I understand the content and requirement above, and want to apply.」をクリックすると、申請ページになります。

申請フォーム入力方法

申請画面では、以下の項目を入力。
・Applicant Information(申請者の情報)
・Document Information(渡航書類情報)
・Recent 3 times to visit Taiwan in 1 year Information(直近3回の台湾入国日)
・Other Information(訪問目的、現地滞在先)

常客証2

Document Information(渡航書類情報)欄のIdentity Card Numberはパスポート番号、Visa Typeは「Visa-Exempt」、Visa NumberはブランクでOKです。
※日本人の90日以内の滞在はビザ免除(Visa Exempt)です。

上記を入力後、「Apply」をクリックすると申請完了。次の画面で申請内容が表示され、「Print」をクリックすると証明書がPDFで表示されます。

常客証の利用方法

常客証3

いつも混雑している桃園空港では、一番端の外交・公務・航員レーンの隣りに優先レーン(Speedy Immigration Inspection)があります。

入国審査時にはパスポート、常客証のほか、入国カードも必要。優先レーン利用時も入出国スタンプを押してもらえます。

証明書は申請後1年間有効。桃園空港をよく利用される方は「直近12ヶ月以内に3回以上訪台」の条件を満たす間に申請しておくのも有りかと思います。

※有効期間内でもパスポートを更新した際は再申請が必要です。

特典航空券(マイル)で台湾に行くには
台湾旅行ではANAやJALの特典航空券を利用することが多い筆者。過去3年間(旅行回数10回)のうち、8回はマイルを使って旅行しています。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ村